9月後半から多くの中高一貫校の文化祭が行われています。中学受験を考えておられるご家庭でも、文化祭に行かれた方も多いのではないでしょうか?

息子はまだ3年生ですが、時間のあるうちに色々な学校を見ようと自宅から通えそうな学校の文化祭に行ってきました。

今の息子の成績からは絶対行けないだろうと言う学校から、すごくいい学校だとは思うけれど、偏差値的にできればここじゃないといいなと思う学校まで。

親が行って欲しいと思う学校はやはり偏差値の高いところばかり。息子がどこまで偏差値を伸ばせるのか未知数ですが、5年、6年になって慌てて滑り止めを探すことになるのは避けたいところ。

今から、家から通える圏内の学校全てリサーチしておいたほうがいいかなと思っています。

 

学校のホームページで見るとどこも良い事しか書いていません。それに、実際に行った事のないと学校の雰囲気や生徒の様子など想像しづらいのですが、文化祭に行くといつもとは違った雰囲気とは言え、学校の周りの様子や通学経路、生徒たちの様子を見ることができるのでとても参考になります。

Google マップの検索で自宅から学校までおよそ何分かは把握できるものの、路線によってはすごく混む路線もあったり乗り換えが大変だったり坂道がきつかったりいろいろ検討する要素があります。

 

息子はまだ3年生なので、学校の教育方針や施設の充実度、大学進学率、レベルの高さなどは全くわからないまま、中学受験をすると鉄道研究部のある男子校に入ることができて、大好きな鉄道の仲間ができるという認識でいます。

学校に入ったらもちろん勉強もあるんだよとは伝えていますが、とにかく文化祭で見る鉄道研究部の楽しい雰囲気に惹かれています。

 

以前、とある高偏差値の中学校の鉄道研究部の展示に入る際、列に並んでいると在校生の保護者の方が声をかけてくれました。いろいろ話をしているとその方のお子さんも鉄道が大好きで、鉄道研究会に入るために勉強を頑張ったと言っていました。

鉄道研究会に入りたいと言う事は立派なモチベーションになるのだと知っててほっとしたことを覚えています。

息子はまだまだ幼く、中学校受験が何なのかよくわかっていないと思いますが、本人がやりたいと思えることのために頑張っているんだと思っていてくれればいいかなと思っています。

 

さて、今回行った学園祭の展示について。

鉄道研究会1つとっても学校によって様々です。展示のクオリティー、エンターテイメント性に加え、来校者への対応、生徒同士の会話などいろいろ楽しませていただきました。

この中学校のここはすごい!だったり、マニアックさが素敵!だったり思うところはいろいろありましたが、ほぼほぼ学校のイメージ通りという印象でした。(かなり偏った個人的見解ですが)

 

正直、鉄道研究会の展示以外もゆっくり見たいのですが、人気のある学校は人が多すぎてどの展示に入るにも行列に並ばなくてはいけない事も多く、息子が並んでまで入りたくないと言い出すので、結局2、3カ所しか見れないことが多いです。

文化祭に行く1番の目的は、息子の勉強に対するモチベーションを上げるためなので息子が楽しめればそれでオッケーなのですが。母の目的である情報収集は、学校説明会に改めて行かなくてはと思っています。

今年から少しずつと思っていろいろな学校のホームページを見て回ると、すでに説明会を終えたところや予約が締め切られているところもあり、計画的に行かないといけないなと反省しています。

 

数カ所の文化祭に行ってきましたが、息子位の身長の子が多く来ていたのが印象的でした。

見て回っていたのが鉄道研究会だから?と一瞬思いましたが、5年や6年になったら週末はテストがあったりして、なかなかスケジュール的に行けないそうです。

それこそ、本命と第2志望校が行けたらいいな、くらいなのでしょうか?

今年行った中学校の中で、親子ともに特別気に入った学校が2校。

どちらも今の息子の学力では遠く手が届きませんが、今後の伸びしろに期待したいと思います!

スポンサーリンク


ブログランキング参加中です!
記事がお役に立ちましたら、下記リンク2つのクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村